ネイルケアというものは爪より美しい状態に保っておくことを目的にしている為、ネイルの状態を観察する事はネイルケアの技術の向上にかなり役立ち無駄がないのだ。
新陳代謝が遅れてしまうと、様々なお肌のエイジング現象やトラブルが出現します。

老けて見えるしわ・目立つしみ・顔色の冴えないくすみ・目の下の隈・フェイスラインが下がるたるみ・吹き出物・肌荒れ・乾燥など、まだまだ挙げてみればキリがないくらい大変なことになります。

メイクアップの欠点:化粧直しをしなければいけない。
素顔の時の落差。
メイク用品の出費が痛い。
素顔だとどこにも行けない強迫観念に近い思い込み。
美白という考え方は2000年より少し前に美容研究家の鈴木その子が一押ししてブームになったのは記憶に新しいが、それよりももっと昔からメラニン色素の増加による様々な皮膚トラブル対策のタームとして活用されていたようだ。
医療がQOLを大切に捉える流れにあり、経済の成長と医療市場の急速な巨大化により、美容外科(Cosmetic Surgery)は4〜5年前ぐらいから脚光を浴びている医療分野だと言われている。
老けて見えるフェイスラインの弛みは不必要な老廃物や脂肪が滞留することによりどんどん進行します。

リンパの循環が鈍くなると不要な老廃物が蓄積し、むくんだり、余分な脂肪が蓄積されやすくなり、たるみの原因になります。